中古医療機器の買取は医療現場の設備投資に非常に有効

SITEMAP
医療機器

医療機器は購入がいいかリースがいいか

女性看護師

医療機器の購入方法は、現金購入もできますし、リースやレンタルといった方法もできます。これは医療機器の種類や財務状態などで、検討するべきで、どちらが有利かというのはケースバイケースになります。自己資金があれば、現金で買った方が最も費用負担は小さくなります。短期的には大きな出費となりますが、利息が不要となりますし、現金購入であれば値引き交渉などもしやすいと言えます。銀行などから資金を借りて購入することもできますが、その場合には様々な手続きが必要となりますし、利息なども少なからず発生します。
ただし、その場合はその機器をずっと使い続ける必要があります。リースやレンタルの場合のメリットは、定期的に新しい機種に変えることができるということです。また、処分費用がかからないというのもメリットになります。
医療機器は、会計上は資産となりますので、耐用年数に従って減価償却を行っていきます。資産として考える場合には固定資産税が発生することもあるなど、様々なコストが発生してくるため、専門の会計士や税理士とよく相談しながら購入は判断した方が良いでしょう。
医療機器は大きな金額が動きますので、よく考えて判断しないと、病院経営に大きな影を落とすことになってしまいます。しっかりした医療を提供するためには、しっかりした経営ができる必要があると言われるのはこうしたことがあるからです。

list