中古医療機器の買取は医療現場の設備投資に非常に有効

SITEMAP
医療機器

医療機器の法的な分類

聴診器

医療機器は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律という法律によって定義や規制などがなされています。この法律は、もともと薬事法という法律でした。平成26年の改正に伴って名称が変更されました。医療機器の製造や輸入など関する、行政の承認や確認、許可、監督について定められています。
この法律に基づいた厚生労働省の告示によって、医療機器がいくつかのクラスに分類されています。クラスには、一般医療機器、管理医療機器、高度管理医療機器、特定保守管理医療機器などがあります。一般医療機器は、機器に障害が生じても生命や健康に影響を与えるおそれがないものです。X線フィルムや、血液ガス分析装置などがあります。管理医療機器は、機器の機能に障害が生じた場合に生命や健康に影響を与えるおそれがあるため、適切に管理することが求められるものです。X線撮影装置や、真空採血管などがあります。高度管理医療機器は、機器の機能が損なわれた場合に、生命や健康に重大な影響を与えるおそれがあるものです。人工呼吸器や、人工透析器などがあります。特定保守管理医療機器は、障害が生じた場合の生命や健康への危険性とは関係なく、修理や管理などに専門的な知識と技能が必要なものです。医療機器の修理には、さまざまな区分に応じた許可を得る必要があります。医療機器の取扱には関連する法律の知識が必要です。

list